解剖学

1/13ページ
  • 2019.01.02

肩関節前方脱臼受傷肢位の解説

使用音楽 NoCopyrightSounds[NCS] Musci:Axol & Max Hurrell – Shots Fired Free Download / Stream: http://ncs.io/ShotsFiredID Axol & Max Hurrell – Shots Fired 説明 肩関節前方脱臼の受傷肢位での関節内力学を紹介して […]

  • 2018.12.30

肩脱臼後の競技復帰に向けたリハビリ(アスリハ)

【チャンネル登録】 shiatsuATRチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCPgtjgTQn7-BZxzwNuoOi0w 説明 本動画では病院で行う肩関節周囲筋リハビリ後の競技復帰に向けたリハビリ(アスリハ)を紹介しています。第三平面上のチューブによるトレーニングとダンベルによるトレーニングの正しい方法について解説しています。 【関連動画】 肩関節前方脱 […]

  • 2018.12.27

肩関節前方脱臼のアスレティックリハビリテーション

肩関節前方脱臼後は肩周囲筋群の強化により脱臼の再発を防止する。その際に、競技復帰を目指す場合、筋力強化訓練は段階的に行う必要がある。また、競技特異性に応じた筋力強化も考える必要がある。本動画では一般的な筋力強化訓練以外の競技復帰に向けた段階的リハビリテーションを紹介するとともに肩関節の運動平面を紹介し肩関節前方脱臼の受傷肢位から考えるアスレティックリハビリテーションを紹介している。 リハビリには、 […]

  • 2018.12.19

Namikoshi Shiatsu Basic Technique(Shiatsu Technique for the Infrascapular Region and Anatomy)

浪越式基本指圧 肩甲下部の圧し方を解説するとともに、圧点部がもつ意義について解説しています。 指圧とは ~基本的な特徴~ 日本独特の技法であって、あん摩・マッサージのように”もんだり””たたいたり”せず、手指や手掌で体表に「圧」を加える技法です。 筋肉の疲労物質を除去し、筋肉を正常化し、体の均衡を保つことを目的に手指によって圧の操作を変化させます。種 […]

  • 2018.12.19

Shiatsu Technique for Soleus Muscle[English]

指圧方法の解説動画です。 指圧は3原則として垂直・持続・集中があります。そのため、触れているのは皮膚を介した表面でありますが、『持続』を行うことで、その刺激は深部へも到達します。また『集中』ですが単に意識を集中するということではなく、筋肉のわずかな変化を読み取るというのが真の『集中』です。この動画の中では『流動圧法』を用いています。流動圧を加える際にも単に硬い軟らかいではなく、筋(筋膜)の滑り具合 […]

  • 2018.06.08

浪越指圧とフォームローラーの併用効果

※マッサージ指圧は国家く資格です。 アスリートのボディケアグッズにフォームローラーがある。このグッズは筋膜リリースの効果がある他にも使い方によってはさまざまな効果があり、動画のように脊柱に対して横にフォームローラーを置き仰臥位(仰向け)で使うことで胸椎を伸展することができる。その際に、胸椎を連結する筋肉に長回旋筋・短回旋筋がある。この筋肉は椎骨1つ1つを連結しているため、この筋肉の過緊張は椎骨間の […]

  • 2018.05.12

ダンベルベンチプレスとバーベルベンチプレス 効果の違い

ダンベルベンチプレスとバーベルベンチプレス 効果の違い:https://youtu.be/FkLafXKLI-w ベンチプレスにおけるダンベルとバーベルの効果の違いについてまとめてみました。同じベンチプレスではありますが、運動には特異性があるので、これを参考に使い分けてみてください。 関連動画 日本指圧専門学校紹介動画:https://youtu.be/318DauiDoik 砲丸投 各動作局面バ […]

  • 2018.04.11

円盤投動作局面紹介

説明 円盤投の動作は複雑で難しく感じました。日本の論文を検索すると円盤投論文がいくつかあり、その中で局面名が紹介されていましたので動きの動画に合わせて紹介してみました。 注意)動画中にもございますが、動きの動画に関しておおよそですので、実際の投げ方は他の動画で実写の投げ動作動画をご参照ください。 参考論文 宮西智久、富樫時子、、川村卓、桜井信二、若山章信、岡本敦、只左一也(1977) アジア大会に […]

  • 2018.03.23

砲丸投 各動作局面バイオメカニクス

説明 砲丸投の動作から考えられるレジスタンストレーニングを挙げてみました。伝統的なトレーニングは重要であり継続する事が大切です。そのトレーニングに競技動作に近くなるような工夫をしトレーニングを組みたてる事も重要です。しかし、この動画で挙げた内容はあくまで客観的に見て考察したに過ぎません。実際に競技をしている方のイメージや感覚も参考にし、さらに実動作に近い形を再考することもあるかもしれません。客観的 […]

1 13