野球少年必見!肩の可動域とケガの関連性

ケガを知る, トレーニング, 動画, 未分類

肩の可動域とケガの関連性について記載がありました。トレーニング方法と合わせてご紹介したいと思います。

肩の可動域制限のうち、肩関節の外旋運動(肩をひらく運動)が制限されている投手は、他の投手と比べ、肩のけがのために故障者リストに入ることや手術を受けることが多かったことが分かりました。

参考:http://medley.life/news/item/55de7bc0d25efa610c14c32f

と記載があります。肩の可動域を広げることはケガにも繋がるとのこと。すぐにでも可動域を広げる訓練を開始するべきですね。

下記は肩甲骨のストレッチですが、大谷翔平投手などもこの動きをよくやっています。

『石川遼ストレッチ』
これは肩甲骨のストレッチです。
①片手の甲を腰に当てます。

②反対の手で肘を持ち、内側に引いていき、限界のところで10秒キープ

参考:http://www.stretchnavi.com/interview/bui/katakori/column-maejima20150201

簡単にできるストレッチですので是非試してみましょう。

また、トレーニング方法もこのようなものが有ります。

 

他にも肩甲骨の動画を探してみるとこのような動画もありましたが…

無言でやっていると少し怖い気もします…w
*このウェブサイトで記載している内容は特定の治療法や医学的知識を推奨するものではありません。また、診断・治療行為ではありません。適切な医療機関で受診の上症状をご確認下さい。本サービス上の情報や利用で発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で