え?ムダなの?現代医学によるカロリー計算の是非について

栄養学, 西洋医学

ダイエットダイエットダイエット…。カロリーオフカロリーオフ…ゼロゼロゼロ…

呪文のように唱えられるこのカタカナたち。「ダイエットはカロリーコントロールだ!」と言わ続けていますが、果たしてそれが健康になる近道なのでしょうか?

 

「食品は最も強力な薬、最も回りの遅い毒薬」

単純にカロリー計算を止めろと言っているのではなく、これからは食品の栄養価の往生へと注意を転換すべきだと訴えている。栄養価を高める発想の方が、心臓や血管の病気と死亡を減らして、肥満を抑える効果が高いと見るからだ。心臓や血管の病気とその原因による死亡を早急に削減し、増加する肥満を抑えると伝えている。

https://www.mededge.jp/spcl/18767

こういった標語も登場しているようです。食事に関して無関心だった私たちは正しい物を選択して食べているのでしょうか?

 

三大栄養素と必須栄養素

三大栄養素は聞いたことある方も多いのではないでしょうか?「脂質」「タンパク質」「糖質」です。ここで、三大栄養素の1gあたりのカロリーを見てみましょう。

タンパク質 4kcal

炭水化物 4kcal

脂質 9kcal

となります。カロリー計算をするとカットしなければならない栄養素がすぐに出てきます。それは「脂質」です。脂肪と言い方を変えれば、ダイエットではそれが「悪」とみなされるあの脂肪です。カロリーの高いものを「カット」するのがダイエットでのカロリー計算では重要視されています。しかし、この中で必要のないものがあるとしたらあなたはどれだと思いますか?答えは「糖質」なのです。

必須栄養素

人間が生きていく上で必須の栄養素は、水、必須アミノ酸(ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン)、必須脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタインE、ビタミンK、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(カルシウム、リン、マグネシウム、鉄)、微量元素(亜鉛、銅、マグネシウム、ヨード、セレン、モリブデン、クロム)、電解質(ナトリウム、クロール、カリウム)と幾つかの超微量元素ということになっています。 つまり糖質は必須栄養素のリストの中に入っていないのです。

出典:http://www.daiwa-pharm.com/info/fukuda/7521/

 

必須栄養素は人間が生きていくうえで必要な栄養素です。そして体内で合成できないものがほとんどなので、これは食品から摂取していく必要があります。先ほどカットしようとしていた脂質は必須脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸)として記載がありますのでこれはカットしてはならないのです。糖質はこの必須栄養素に記載がないので摂取しなくても人間は生きていけると言われています。

 

大切な栄養素が何か、それを理解したうえでカロリー計算を行えば安全だと思います。しかし、カロリーをカットしたからといってやせるとか、健康になるという認識がある方は一度、考え方を見なおしてみる必要があるかもしれません。

 

*このウェブサイトで記載している内容は特定の治療法や医学的知識を推奨するものではありません。また、診断・治療行為ではありません。適切な医療機関で受診の上症状をご確認下さい。本サービス上の情報や利用で発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で