疲労回復でエナジードリンクは古い!イミダペプチドの効果とは?

トレーニング, 栄養学

「疲労回復に効果がある」というキーワードは多く見られます。

最近、多く見るキーワードは「イミダペプチド」その効果の報告をまとめてみました。

健康な成人男女17 名を対象にイミダペプチド成分400mg含有飲料、またイミダペプチド成分が入っていない飲料を4週間毎日摂取するという試験を実施。その後、4 時間の自転車こぎ運動を行い、さらに4 時間休憩して、疲労感の強さと身体機能を調べました。その結果、イミダペプチド成分を摂取していたグループでは、摂取していなかったグループに比べ、疲労感の自覚スコアが抑えられ、運動が終わった後の身体機能の回復も早く認められました。

情報源: 【Woman’s SHAPE vol.03 最新号情報】 なるほどイミダペプチド★疲れの原因は栄養不足ではなかった!! | Woman’s SHAPE official blog | スポーツナビ+

疲労自体は悪いことではない。働き過ぎの警告なのだから。しかし、生活に支障を来す病的な疲労には治療が必要だ。残念ながら「これ1錠ですっきり」という薬はないので、せめて抗酸化物質を意識して摂ろう。最近注目されているのは、大阪市立大学医学部研究科のグループが産官学プロジェクトで発見したイミダゾールジペプチドという物質。鶏のささみや胸肉に豊富に含まれている抗酸化物質で、製品化の過程で抗疲労効果が証明されている。

情報源: 酸化ストレスで脳が疲弊慢性疲労に抗酸化物質イミダゾールジペプチド|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

東京大学は3月29日、国立精神・神経医療研究センターとの共同研究により、鶏肉に含まれる「イミダゾールジペプチド」含有食品を3ヶ月間摂取するボランティア群と、そうでないボランティア群の食品摂取期間の前と後に、MRI検査と神経心理機能検査を実施したところ、前者の群ではイミダゾールジペプチド含有食品を摂取後に記憶に関連する脳部位の萎縮が抑制されていることと、うつ傾向と認知機能に改善傾向が認められたと発表した。

情報源: 「肉を食べると元気になる」には、「高機能食品成分」に理由がある – 東大 | マイナビニュース

鶏肉。特に鶏胸肉に多く含まれるイミダゾールジペプチドは様々な研究の結果、抗酸化物質として効果があると言われている。何千キロも飛ぶ渡り鳥や、マグロやカツオなど長時間運動をする生物の筋肉に多く含まれている。近年、流行している栄養ドリンクやエナジードリンクではカフェインを用い、「疲れを忘れさせる」という発想のものも多くあるが、カフェインの過剰摂取は自律神経のバランスを崩したり、頭痛などを起こす場合もある。カフェインの過剰摂取は避けたいと言う人はこういったものを摂取するのもいいのかもしれない。

 

格闘家向けに開発された「SOCK」に注目

ハードなトレーニングを行う格闘家向けに開発された「HYBRID RECOVERY ON(オン)」はイミダペプチドに加えてBCAAを配合した製品である。

SOCKは、対戦相手やフィールドへの接触が生じるスポーツ(コンタクトスポーツ)に挑戦する方の健康をサポートするため、2011年春誕生しました。中でも、練習や試合でダメージを負うことの多い格闘技に注目してまいりました。

格闘技という過酷な競技のパフォーマンスアップ、選手の疲労、ダメージをなんとかしたいという一心でつくった製品は、小さな格闘技ジムから少しずつ口コミが広まり、ラグビー、バレーボール、競輪、マラソン、水泳など、今やコンタクトスポーツ以外のスポーツに携わる方のお手にもとっていただけるようになりました。

アスリートが試合で実力を発揮するためには、さまざまな要素が関係し、心身共にピークにもっていく必要があります。SOCKは栄養面でのサポートを通じて、ベストを尽くすためのお役に立ちたいと考えています。

on

slideshow_img3

高品質なイミダペプチド(*1)をたっぷりと。
さらに、運動時にマストなアミノ酸の御三家(BCAA、アルギニン、グルタミン)と、
エネルギーサイクルを高めるクエン酸を配合。
ハードな運動を後押しする栄養素をバランスよく摂取できます。

※日本ハム中央研究所にて生産されたイミダ15を使用

 

by カエレバ

 

但し、どんな栄養素も摂取しすぎるのは問題が発生する可能性は否定出来ない。どんなサプリメントも普段の食生活があまりにもバランスが悪い食事の場合は効果も出ないだろう。あくまでも補助食品として考える事が大事だが、ハードワークをする人は自分の食事と見合わせて摂取するのも選択肢の一つとして試してみるのも良いだろう。

 

*このウェブサイトで記載している内容は特定の治療法や医学的知識を推奨するものではありません。また、診断・治療行為ではありません。適切な医療機関で受診の上症状をご確認下さい。本サービス上の情報や利用で発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で